2008年09月06日

大阪→北海道周遊券比較

北海道の魅力に取り付かれ、また行きたいと思っております。北海道を周遊するにはどんな方法があるか考えてみました。

飛行機+北海道フリーパス
北海道回るなら乗車時間が長くなるのでグリーンに乗った方がいいと聞いたことがあります。これなら少し高くなりますが、グリーン車用もあり指定席またはグリーンが6回まで使えます。まりも廃止で少し使いづらくなったのと、7日間有効ですが、そこまで使わなくても、最低でも2泊3日ぐらいは使わないと元がとれません。

東京からぐるり北海道フリーきっぷ
東北新幹線のみならず北斗星が使えること、北海道内で指定席の回数制限が無いのが魅力です。東京までは何かと安くする方法があるし、チケット屋で売っているのぞみ指定席(13000円ぐらい)と組み合わせて札幌往復だけに使ったとしてもいい感じの値段です。ただ、夏料金が少し高いことと、グリーンが使えないことが難点です。

周遊きっぷ
高いトワイライトエクスプレスを少しでも安くする方法があるとすればこれしかありません。また片道だけなら飛行機が使えます。道内フリーではオーバースペックなら道東・道北・道南・道央といった区切ったフリーエリアも用意されています。問題はフリーエリアが自由席しか使えないというところです。

大回り片道乗車券
北海道フリーパスではオーバースペックならこの手もありです。必要に応じて普通か特急か、自由席・指定席・グリーン車と使い分けられば良いと思います。乗りつぶしをするなら盲腸線に入れないというデメリットがありますが、青春18きっぷで補完するというのもありだと思います。

青春18きっぷ
普通しか使えない場所、時間なら思わぬ力を発揮しますが、逆に石北本線などまったく使い物にならない区間もあります。
posted by 北村義臣 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106079835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。