2009年07月13日

夏の青春18きっぷ計画

もうすぐ、青春18きっぷの季節がやってきます。
この夏も、7月17日から19日まで東京にいるので、使用開始が少し遅くなるかもしれません。
もう1泊して1回目を関東の日帰り圏内で使うというのも考えていますが、3連休最終日なのでできれば19日のうちに大阪に帰りたいので、可能性としては薄いです。

以下の内容でプランニングしています。上の方が可能性としては高いです。

日帰りプラン

養老鉄道と養老の滝

青春18きっぷは大阪からだと大垣への片道だけで元が取れるので、東海でまだ乗っていない私鉄を乗りに行くのにぴったりです。養老鉄道だけならOKなのですが、三岐鉄道も一緒に乗ろうとした場合、炎天下を北勢線の阿下喜から三岐線の伊勢治田まで歩いてもだいじょうぶなのかどうか。

名古屋市内の乗り鉄
名古屋の地下鉄は土・日エコきっぷで安く乗れます。藤ヶ丘まで乗ったらリニモにも乗ってみたいです。また、枇杷島から出ている城北線とゆとりーとラインのナゴヤドーム前矢田から先も候補です。

福井鉄道とえちぜん鉄道
これさえ乗れば福井県は全線乗車達成となります。ここは秋の西日本乗り放題のきっぷでも行けそうなところなので少し優先順位が下がります。

姫新線
こちらもこれに乗れば兵庫県が全線乗車達成となります。

わかやま電鉄
こちらはもうすでにと言うか、2回も乗った区間ですが、次は徹底的にしらべあげてヤフカテに通るサイトを作ってみたいと思います。ただここは青春18きっぷでも正規運賃よりは安くなりますが、分割購入すると青春18きっぷよりも安くなるので、敢えて青春18きっぷで行く必要もないかと思います。


宿泊プラン

三江線
中国の難所に挑むならまずは三江線です。三次に前泊して始発に乗ろうと思います。その過程で木次線か福塩線か芸備線も乗れればいいなと思います。伯備線は乗りつぶす路線ではなでしょう。

大井川鉄道
掛川に前泊して、朝の大井川鉄道に乗ろうかと思います。掛川へ行く過程で天竜浜名湖鉄道や遠州鉄道にも乗れればと思います。

名鉄乗り放題
2日間の乗り放題きっぷを買って名古屋で泊まるというのも良さそうですが、三江線や大井川鉄道と比べて冬でも難なく乗れそうなので優先順位は低いです。

関東地方
こちらはどちらかと言うと、私鉄や三セクも乗れるツーデーパスの方がいいかなと思います。また房総方面は冬でもいいかと思います。


1泊を2回、日帰り1回という使い方が一番使いやすそうな気がします。

posted by 北村義臣 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123436560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。