2010年08月28日

18きっぷと名鉄2日目 知多半島

昨日に続き、大阪から岐阜・名古屋に
名鉄の乗りつぶしに行ってきました。

昨日は名鉄岐阜から名古屋本線に乗ったので
本日は各務原線に乗ります。
鵜沼を過ぎて犬山線に入ると少し後悔したことがあります。

犬山橋を自動車と併用しているときに電車と自動車
両方で通っておきたかったな、と

一方で廃止されたモンキーパークモノレールはそれほど後悔していません。

犬山から広見線に乗ります。
広見線は新可児まではミュウスカイも来ますが。新可児を境に系統が分かれてしまいます。
しかも、沿線には

乗って残そう広見線

のノボリが、今後の雲行きがあやしいです。

犬山に戻り、犬山線・常滑線を経由する

ミュウスカイ

に乗って中部国際空港に向かいます。
ミュウスカイは全車特別車両なので
特別車両券・ミュウチケットが必要ですが折角だから乗ることにします。
(写真は取れませんでした中部国際空港駅の看板画像でご容赦を)

関空特急はるか

の色をした

253系成田エクスプレス
車両でした。

中部国際空港駅.JPG

また飛行機に乗るわけでもないのに空港にやってきてしまいました。、
少々、中部国際空港・セントレアを見学しました。

セントレア.JPG

空港内ではテレビ局が全国ネットでやっている毎年恒例の
チャリティーイベントをやっていて
同時に募金活動もやっていたのですが、

私は募金をしませんでした。

空港から出るのには2300系の特急に乗ります。

名鉄2300系.JPG

この2300系こそ

253系成田エクスプレスを**したような車両です。

パノラマSuperとミュウスカイを堪能したからもう特別車両は結構です。
普通車両の車内がロングシートと転換クロスシートが同居する
見たことない構造になっていて、京阪神の新快速こそこんな構造が
いいのかなという気もしました。

太田川まで戻り、河和線、知多新線と知多半島を攻略し
土曜日でちょうどいい時間なので大江まで戻り、築港線の東名古屋港へ行きました。

東名古屋港駅.JPG

築港線は工場で働く人のための路線で、大川支線や和田岬線のように
昼間は運転されていなくて、日曜日はほとんど運転されません。
また、築港線は1駅しかないので、和田岬線の兵庫と和田岬、
東武大師線の西新井と大師前と同様に
東名古屋港駅の改札の機能が大江駅の乗り換え口にあります。

また築港線では途中で、珍しい線路の平面交差もあります
そういえばかつて阪急の西宮北口駅にもありました。

帰りはやっぱり金山からです。名鉄とJRの乗換は
名古屋よりも金山の方が便利です。

これで名鉄の2日間乗り放題と
青春18きっぷ5回も終了です。

これだけ乗ってまで名鉄は乗り残しがあります。
さすが愛知と岐阜の

超巨大ローカル私鉄

また18きっぷの季節に乗りに行くとします。
次は乗り放題よりもトランパスを買った方がいいかもしれません。

今回の新規乗車区間
名古屋鉄道 各務原線 名鉄岐阜〜新鵜沼 17.6km
名古屋鉄道 広見線 犬山〜御嵩 22.3km
名古屋鉄道 犬山線 新鵜沼〜[枇杷島分岐点] 26.8km
名古屋鉄道 常滑線 神宮前〜常滑 29.3
名古屋鉄道 空港線 常滑 〜中部国際空港 4.2km
名古屋鉄道 河和線 太田川〜河和 28.8km
名古屋鉄道 知多新線 富貴〜内海 13.9km
名古屋鉄道 築港線 大江〜東名古屋港 1.5km

計144.4km

知多半島と広見線が盲腸線で折り返していることと、
JRは大阪→岐阜と名古屋→大阪と乗っていることから
実際になった距離は相当なものだと思います。
posted by 北村義臣 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。