2008年12月25日

スルッとKANSAI3日目 神戸電鉄

♪見晴るかす神戸 海青き街に
勝利の旗を運ぶもの
その名はブルーウエーブ♪


年末にお墓参りをした方がいいと言われて、午前中に阪南市にある母方のお墓参りをし、一度帰宅後、スルッとKANSAI3daysチケットで乗り鉄ししました。


姫島→尼崎 阪神本線普通
尼崎→新開地 阪神本線直通特急 山陽5000系
山陽電鉄5000系
今日のスタートは姫島駅です。尼崎駅で難波乗り入れの準備が着々と進んでおります。

乗ったのは私の好きな転換クロスシートの山陽電鉄5000系でした。

新開地→横山 神戸電鉄有馬線・三田線
神戸電鉄1100系
新開地から神戸電鉄に乗ります。急勾配・急カーブを進み六甲山を登っていきます。勾配ではない部分の方が少ないのではとも思いました。

途中、昔に一度だけ降りた菊水山駅跡を見ることができました。

横山→ウッディタウン中央→三田 公園都市線・三田線
公園都市線は車道にはさまれた部分を走ります。泉北高速みたいな感じです。泉北高速とのちがいは公園都市線は単線のところです。

ウッディタウン中央で一度改札を出てみましたが、典型的なニュータウン駅です。そこにある張り紙が、どうやら

ウッディタウン中央→三田→新開地

といった

不正乗車

が横行しているようです。

三田駅に到着して神戸電鉄完乗しました。神戸電鉄で三田に行ったのは初めてです。JR・国鉄では何度か三田駅を使ったことがありますが、
そのうち1回は信じられないかもしれませんが、

DD51牽引の客車

でした。

三田→谷上 三田線・有馬線
谷上→三宮 北神急行・神戸市営地下鉄山手線
三宮→塚口 阪急神戸線
塚口→稲野 阪急伊丹線
猪名寺→塚本 JR宝塚線
温泉に行きたくなったのですが、太閤の湯はイマイチだったので、からとの湯にしようと思ったのですが、からと台で降りそびれてしまい、そのまま三宮へ、そこで有馬温泉と同じ泉質のつかしんの湯の華廊に行きました。つかしんはどこからどう見てもバブル時代の産物ですね。西武は撤退しても色々とテナントが入っています。

こんなルートだったら初めからJRで三田から猪名寺へ行ったらよかったのではとも突っ込まれそうですが。

今回の新規乗車区間
神戸電鉄 三田線 有馬口〜三田 12.0km
神戸電鉄 公園都市線 横山〜ウッディタウン中央 5.5km
計17.5km

今回、摩耶ケーブルは回避しました。
※神戸市があと摩耶ケーブルが残りました
準大手私鉄完乗にリーチ!
※あと新京成
阪急阪神HD完乗にリーチ!
※あと丹後海陸交通
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年12月20日

青春18きっぷ2日目 滋賀県完乗

♪キャンドルも 十字架も 愛に力を与えてよ
聖なる夜まで堕天使は 恋に遊ぶ♪
※滋賀県はTMRか鉄道唱歌しかないんかいな

今日の近鉄は近鉄でも

近畿日本鉄道のことではありません

今回は行き当たりばったりで、かなりめちゃくちゃな乗り方したので細かいルートは割愛します。

この1週間の間に塚本駅の改札に発車・行き先案内が取り付けられていました。ホームには既にあるので必要あるんかいなとかも思いましたが、乗る前に遅延情報とかがわかるのが助かります。ただ、JR東海や大手私鉄ではフルカラーLEDが当たり前になっていますが、JR西日本は新しいものでもいまだに三色LEDです。

今日は青春18きっぷとびわこ京阪奈フリーきっぷを使います。

まず目指すは信楽高原鐵道の信楽駅です。貴生川から乗車するとクリスマス列車として運転されていました。クリスマスの飾りをした2両編成、前の車両ではサンタ姿のお姉さんとタヌキの着ぐるみが子どもたちのクリスマスパーティーをしていました。ローカル線も色々と取り組んでおります。

信楽駅
例の信号所と現場を通過して信楽駅に到着。信楽は新名神の開通で大阪から車で行く分には便利になりました。

近江鉄道
信楽で折り返し再び貴生川、ここからは昔、近鉄(おうてつorきんてつ)と呼ばれていた、近江鉄道に乗ります。

近江鉄道は

偉大なる堤様

の西武グループです。だからライオンズの日本一を祝うポスターが各駅で貼られていました。

今回は乗り潰しを優先しましたが、次は近江商人ゆかりの地をゆっくりと見てみたいと思います。
※堤家は滋賀県出身ではあるが近江商人とは認めれれていないらしい

近江八幡で昼休憩を入れたためその後の接続がすごく悪かったです。JRも途中で使いました。青春18きっぷとの併用で良かったです。

がもにゃん
彦根からは、ひこにゃん親衛隊のがもにゃんが1日車掌として乗ってきました。

今回の新規乗車区間
信楽高原鐵道 信楽線 貴生川〜信楽 14.7km
近江鉄道 本線 貴生川〜八日市 22.4km
近江鉄道 八日市線 八日市〜近江八幡 9.3km
近江鉄道 多賀線 高宮〜多賀大社前 2.5km
近江鉄道 本線 米原〜八日市 25.3km

私鉄計 74.2km

今回の旅で大阪府、愛媛県に続き滋賀県完乗。
私鉄の乗車距離が2000km突破しました。

青春18きっぷを使ったのにJRの新規乗車区間は無し。もう少し時間があれば大垣まで出て、新垂井回りをしても良かったのですが。
posted by 北村義臣 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年12月13日

富士急行で河口湖へ

♪頭を雲の上に出し
四方の山を見おろして♪

河口湖での合宿があるとのことなので、いい機会だったので富士急行に乗ってきました。今回は青春18きっぷは封印です。

八王子→大月 中央本線 115系長野色
前回、中央線・飯田線のところで113系とか書いてしまいましたが、よく考えると115系でした。

せっかくここまで来たし、18きっぷもつかわないことから、E351系スーパーあずさに乗りたかったのですが、八王子駅に着くと、国分寺での信号故障でダイヤが乱れていました。富士急の乗ろうとしている便に乗れないと遅刻するので、とりあえず来ている甲府行き普通電車に乗りました。

車内はかなり混んでいまして、登山客が非常に多かったです。車窓は高尾までは東京のベッドタウンと古い街が混在するかんじでしたが、高尾を越えると一変し、山間部に入ります。中央自動車道が並走しています。四方津駅前には西宮名塩のような住宅街と結ぶ斜行エレベーターがありました。

ところでひとつ気になったのは、非鉄な人で中央本線が神奈川県を通っていることを知っている人ってどれくらいいるのだろうかとか思ってしまいました。

大月→河口湖 富士急行大月線・河口湖線 富士急行1000形
富士急

大月から富士急行に乗り換えです。あとのスーパーあずさとあと一本後の普通電車を待って発車したので、それほど焦る必要はなかったです。富士急から見る富士山もいいらしいですが、見えたことは見えましたが、曇っていたのでうっすらとしか見えませんでした。

車両はセミクロスシートで転換クロスは各区画に真ん中に一つあるだけなのでどちらに向けても対面してしまいます。やっぱり関東では転換クロスシートはあまり馴染んでいないようです。

登山客のほとんどは富士吉田で降りて、スイッチバックした後、若者たちは富士急ハイランドで下車、そして目的地の河口湖に着きました。

河口湖駅は終点ですが、そこからバスで新宿・三島・御殿場などへ抜けることができます。次の日、私は大阪へ帰るのに御殿場へ抜けました。

新宿から河口湖へは鉄道よりも高速バスの方が主力みたいです。

河口湖駅

JR東日本 中央本線 八王子〜大月 40.4km
富士急行 大月線 大月〜富士吉田 23.6km
富士急行 河口湖線 富士吉田〜河口湖 3.0km

中央本線が大月・甲府間だけ残ってしまいました。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年12月12日

青春18きっぷ1日目 御殿場線・相模線

♪まさかりかついだ金太郎
クマにまたがりお馬の稽古♪

明日から河口湖で合宿がありまして前泊しないと間に合いそうもないので前泊、そのついでに鉄道の予定も入れました。新幹線で東京まで出て気候の温暖な房総半島というのも考えたのですが、もう少し西側の方がいいことと、JR東海を片付けたいというのもあり、御殿場線に乗ってきました。

塚本→大阪 JR神戸線普通 207系
大阪→京都 JR京都線新快速 223系

ここはいつもの定番です。今日も朝から塚本駅にはすごい望遠レンズを持った同業者の方がいらっしゃいました。

京都→静岡 東海道新幹線こだま 300系
300系
静岡まで在来線というのも考えたのですが、日没コールドになっても嫌だしということで、ぷらっとこだまを買いました。最初新大阪から買おうと思ったのですが、500円安いことと、特定市内制度の適用が無いこと、大して時間が変わらないことから京都から乗りました。

ここ数年700系がほとんどなので300系に乗ったのはかなり久しぶりです。今までのことを踏まえて学習し、禁煙車にしました。壁紙が真っ白です。やっぱり次からは禁煙車にして吸いたいときだけ移動することにします。

静岡→沼津 東海道線 211系
3両ロングシートトイレ無しの静岡の在来線です。新幹線に乗ったのもこれも理由のひとつかな。

沼津→国府津 御殿場線 313系
御殿場線からの富士山
本日のメインイベント御殿場線です。乗った車両は前回の身延線と同じボックスシートの313系でした。この路線はかつては東海道線でした。熱海経由のルートができてからローカル線になってしまいました。鉄道唱歌では今の御殿場線経由になっていますし、かつて複線だった痕跡が随所にみられます。

御殿場線は富士山の裾野を走り、箱根を裏側から回り、国府津に至る、JR東海の在来線で唯一神奈川県に乗り入れる路線です。御殿場すぎて、金太郎生誕の地、駿河小山、山北では小田急車両のあさぎりと交換しました。

国府津→茅ヶ崎 東海道線 E231系
ここは良く考えるとながらで夜間に通行した区間です。海が見えていい景色でした。

茅ヶ崎→八王子 相模線・横浜線 205系
相模線205系
いよいよ首都圏に入っていきます。相模線はいろんな見方ができる面白い路線です。ローカル私鉄みたいな雰囲気もあれば、ニュータウン路線みたいな感じもします。首都圏だけど単線、でもワンマン運転ではないといったろせんです。また使われている車両は205系だけど先代の山手線や阪和線の車両と顔が微妙顔がちがいます。

八王子→拝島 八高線 209系
拝島→昭島→立川 青梅線 E233系
立川→八王子 中央線 E233系
昭島に顔を出したいところがあったので寄りました。立川・八王子・拝島のトライアングルが完成しました。

今回の新規乗車区間
JR東海 御殿場線 沼津〜国府津 60.2km(全区間)
JR東日本 相模線 茅ヶ崎〜橋本 33.3km(全区間)
JR東日本 横浜線 橋本〜八王子 8.8km
JR東日本 八高線 八王子〜拝島 9.9km
JR東日本 中央本線 立川〜八王子 9.9km
計122.1km

現在JR東海の乗車状況
1524.5km/1970.8km
あともう少し、長大路線が2路線残っていますが、大阪から見て一番中途半端な御殿場線を乗り終えてある程度目処がつきました。
posted by 北村義臣 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年11月26日

スルッとKANSAI2日目 奈良県と三重県といえばもちろん・・・

♪ござるござるよハットリくんは
ユカイな味方、忍者でござる
忍者でござる♪

※氷見線でもよかったかも

今日の私は

近畿日本鉄道が大好きな人です。

スルッとKANSAI 3daysチケットが有効なエリアで未乗区間がかなり限られてきました。今日はこのチケットを目的として以上に手段として使うことにしました。

伊賀鉄道はJRで行っても
日本一の営業キロ数を誇る私鉄、近畿日本鉄道
で行っても結構値段がするんですね。

まず、伊賀神戸に向かう前に少し未乗区間を片付けます。

石切駅周辺
まずはけいはんな線です。生駒から延伸した後、乗っていませんでした。生駒までは地下鉄中央線で行ってもよかったのですが、やっぱり私が大好きな景色である、枚岡・額田・石切で空から眺める大阪平野をみたいので、奈良線を選びました。

生駒からけいなんな線に乗りました。地下鉄中央線と近鉄東大阪線(当時)でコスモスクエア行きという行き先を見て、カタカナ表記で7文字、長いなと思っていたら、けいはんな線開通でできた行き先が

学研奈良登美ヶ丘

漢字で8文字かいな

それからけいはんな線の延伸部分が8.6kmありまして、この線があることにより辛うじて近畿日本鉄道の営業キロ数が500kmを守れている感じです。終点の学研奈良登美ヶ丘駅は将来の延伸の含みを持たしている造りで、いずれは山田川か高の原まで延びるのでしょう。高の原だったら、

「けい」はんな線の意味っていったい・・・?

一度生駒に戻り、西大寺へ西大寺から橿原線に乗り換えます。奈良線はニュータウン路線(になってしまった)のと比べて、橿原線は景色だけはローカル線ですが、近鉄としては特急の通る主要な幹線です。並行する桜井線と比べると、集落が多く、複線で本数も両数も多く、特急やシリーズ21が走る(桜井線は105系)、

近鉄の勝ち!

乗っている電車は天理線に乗り入れ、天理駅は4面3線の立派な駅です。京都駅よりも立派かもしれません。桜井線の天理駅も2面4線で桜井線にしたは立派だったりするのですが、天理臨があるからなんでしょう。

八木、伊賀神戸と向かい、伊賀神戸からスルッとKANSAI 3daysチケットとは別料金になる伊賀鉄道に乗りました。

伊賀鉄道は経営の苦しい近畿日本鉄道が

泣く泣く手放した
第三セクター会社です。
※第三種鉄道事業者としては残っていますが

伊賀鉄道
往復運賃よりも安いから1日乗車券を買ったわけですが、伊賀鉄道に乗ってみると

接続が悪い

伊賀鉄道は上野市駅を境に系統が分かれます。南が近鉄大阪線の支線的な役割をしているのに対して、北側は関西線の支線的役割です。ゆえに伊賀鉄道の各駅ではJR西日本名物

月一恒例保守運休

に注意を促すポスターがありました。接続悪いがゆえに16.6kmを往復するのに3時間かかってしまいました。伊賀上野で加茂方面に抜けたほうがよかったですね。

今回の新規乗車区間

近畿日本鉄道 けいはんな線 生駒〜学研奈良登美ヶ丘 8.6km(完乗)
近畿日本鉄道 橿原線 大和西大寺〜橿原神宮前 23.8km(全区間)
近畿日本鉄道 天理線 平端〜天理 4.5km(全区間)
伊賀鉄道 伊賀線 伊賀上野〜伊賀神戸 16.6km(全区間)

計 53.5km
posted by 北村義臣 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年11月14日

バースデーきっぷ3日目 未成線阿佐線の旅

♪ベッドのまわりに 何もかも脱ぎ散らして
週末だけの秘密の部屋♪

鉄道には計画はされたものの開業には至らなかった路線があり、未成線といいます。未成線を辿るという鉄道趣味も存在します。

高知県の後免から徳島県の牟岐までの阿佐線という未成線があり、これを辿ってみました。

後免から奈半利まではごめん・なはり線として土佐くろしお鉄道が開業しました。ごめん・なはり線の特徴は各駅にマスコットキャラクターがいます。会社ごとやあとICOCAやSUICAのように商品にマスコットというのはあるのですが、各駅にマスコットがいるのはここぐらいではないでしょうか。マスコットのデザインは高知県出身でアンパンマンの作者のやなせたかしさんです。
あと、乗客にタイガースファンが多かったです。安芸市を通り球場前駅の近くにタイガースのキャンプ地があります。

阿佐海岸鉄道甲浦駅
終点の奈半利駅から阿佐海岸鉄道の甲浦駅までは今のところ予定すらありませんのでバスでの移動です。太平洋に沿って室戸岬を通り約2時間の行程です。甲浦から海部までの阿佐海岸鉄道の乗客は私一人の貸切状態です。阿佐線の計画自体が無謀だったのか繋がないと意味が無いのかなんとも言えません。あとちなみに牟岐線と阿佐海岸鉄道のセットは四国一の鉄道の難所です。徳島から甲浦まで3時間以上、抜ける路線は無いため奈半利とのバスで出入りするか、引き返すしかありません。

牟岐線キハ47
海部からは再びJR四国になって牟岐線で徳島まで約3時間のロングランです。牟岐線は速度が遅い上、きれいな景色は牟岐より南、あとは何の変哲も無い景色なので結構長く感じました。折り返す方法ではなくに甲浦から入って正でした。牟岐線はキハ40、キハ47といった国鉄気動車のオンパレードです。

徳島に着いたら鳴門線に乗り換え、鳴門駅でバースデーきっぷは終了です。今日はグリーン車どころか特急にすら乗っていないので日割りで3円程損をしているのですが、昨日、一昨日は乗車券部分だけでも1万円以上は乗っているのでまあいいでしょう。

スロッピー
鳴門駅は盲腸線の先端ですが、ここから先もその気になれば抜けられます。路線バスで高速鳴門まで、高速鳴門にはバス停まで登る手段としてスロッピーという乗り物があります。鉄道ではありませんが、レールの上を走るかなり鉄分の濃い乗り物です。おそらく西宮名塩やつかしんにあるような斜行エレベーターと同じ部類だと思います。(以前乗った広島のスカイレールは路面電車と同じ扱いです。)
高速鳴門から高速バスで高速舞子まで、高速舞子のすぐ下がJR神戸線舞子駅です。223系や207系を見ると現実の世界に戻りました。舞子から須磨までは私の好きな車窓ですが、もう夜で全く何も見えませんでした。


今回の旅の新規乗車区間
JR四国 土讃線 高知〜後免 10.4km
JR四国 牟岐線 海部〜徳島 79.3km
JR四国 高徳線 徳島〜池谷 10.3km
JR四国 鳴門線 池谷〜鳴門 8.5km

JR計 108.5km

現在のJR四国乗車キロ数
618.6km/855.2km

土佐くろしお鉄道 阿佐線(ごめん・なはり線) 後免〜奈半利 42.7km
阿佐海岸鉄道 阿佐東線 甲浦〜海部 8.5km

私鉄計 51.2km

すろっぴーは記録対象外
posted by 北村義臣 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年11月13日

バースデーきっぷ2日目 愛媛県完乗、高知県に突入

♪そうだおそれないでみんなのために
愛と勇気だけが友達さ♪

今日のスタートは松山駅です。まずは予讃線で宇和島を目指します。宇和島に近づくと、穏やかな海そしてその近くまで高い山が迫る、来るとことまできたかと感じながら、ダイソーやヤマダ電機など大手郊外店の看板が見えると萎えてきます。これで四国一の長大路線である予讃線を支線も含めて完乗しました。

宇和島で予土線に乗り換えです。予土線にはしまんとグリーンラインという愛称があるのですが、イマイチ定着していません。超ローカル路線で窪川まで乗り通す便は

1日7本

愛媛県内は線形が悪いのか時速40キロでのノロノロ運転です。でも、15キロや25キロで走る上に月1回恒例行事の如く運休するどこかの会社よりはるかにマシです。

西ヶ方駅から私が未踏の地、高知県に突入!これによって

愛媛県全線完乗!

四万十川
そして眼下には、憧れだった四万十川が見えて感動しました。沈下橋をみてこれぞ四万十川と思いました。

半家駅
留萌本線に増毛があるなら、予土線には

半家(はげ)がある

半家→増毛の片道乗車券を発行したマニアはいるのでしょうか?半家とは実は暗号で平家の落武者がこの地に隠れたそうで、平家を暗号化したのが半家とも言われております。

太平洋
窪川からは土佐くろしお鉄道で宿毛まで、折り返して今日の宿泊地は高知です。このきっぷグリーン車が乗れること以上に3セクの土佐くろしお鉄道が乗れるのが大きいです。土佐くろしお鉄道の車窓からは穏やかな日本海とは対照的に高波が押し寄せる太平洋が見えました。途中で降りたくなりましたが、途中で降りたくなる景色の路線に限って、次の便いつ来るねん?というような本数のところ

2000系南風アンパンマン列車
帰りの中村からはキハ2000系アンパンマン列車に乗車、高知到着後少しだけ土佐電気鉄道に乗りました。続きはまた次回です。

今回の旅の新規乗車区間
JR四国 予讃線 伊予大洲〜宇和島 48.1km
JR四国 予土線 北宇和島〜若井 76.3km
JR四国 土讃線 窪川〜高知 72.1km
JR計 196.5km

土佐くろしお鉄道 中村線 窪川〜中村 43.0km
土佐くろしお鉄道 宿毛線 中村〜宿毛 23.6km
土佐電気鉄道 桟橋線 高知駅前〜桟橋通五丁目 3.2km
私鉄計 69.8km
posted by 北村義臣 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年11月12日

バースデーきっぷ1日目 四国上陸松山へ

♪瀬戸は日暮れて夕波小波
あなたの島へお嫁に行くの♪

今日から乗り鉄四国遠征です。JR四国にバースデーきっぷというのがあり、誕生月は3日間グリーン車乗り放題で1万円というかなりお得なきっぷで四国を回ります。

でも、四国入りはかなりケチくさい方法で四国に入りました。

安さで選ぶなら高速バスですが、朝早い割りに着くのは遅すぎる、ということで相生までは在来線、相生・岡山間だけ新幹線、岡山から児島までマリンライナーという変テコな方法です。しかも一度回数券を使って神戸で切った分割購入です。相生・岡山は特定特急券が発行されるので安いし、新快速の速さと分割購入で浮いた分と特定特急券を相殺するとで結果的には新大阪から新幹線を乗ったのとそれほど大差ない時間でかつ乗車券プラス300円ぐらいの値段で児島まで行くことができました。

8000系しおかぜ
児島からこのきっぷのスタート。瀬戸の花嫁のメロディーのせられて8000系しおかぜの登場です。15年以上前に松山に行ったときはキハ2000系(勝手に名づけました)かキハ181系で、電化されてからはじめての予讃線になります。乗ったのはもちろんグリーン車です。まずは瀬戸内海の島々を堪能して四国上陸。8000系しおかぜは瀬戸大橋は騒音の関係で本領発揮できませんが予讃線の線形の悪さをものともせず高速でぶっとばすごい車両です。かといって381系のような質の悪い振り子の苦痛もありません。ただ、贅沢を言えばグリーン車で跳ね上げ式フットレストはどうかと思います(ムーンライトながらにもあるぐらいですから)。グリーンを体験してみて思ったのが、私には広すぎる。一人になれるのはいいのですが、関空快速223系や京阪3000系の一人席ぐらいが丁度いいようになっている自分がやっぱり18乞食かなとも思ってしまいました。

そんな8000系しおかぜで松山まで。松山から先には行かないですし、その気になったとしてもせいぜい伊予市まで、ここからはキハ2000系宇和海の出番です。キハ2000系は気動車といえども高速気動車の先駆け的な車両です。これがあるから今のスーパーはくとやキハ187系があると言っても過言ではありません。予讃線のバイパス区間や内子線に入ると、なかなかいいエンジン音を出しながら高速でぶっ飛ばしてくれます。

下灘駅
伊予大洲から本来の予讃線で、伊予市に戻ります。こちらは地域輸送のキハ32のレールバス。バイパス区間とかなり線形が悪いです。ほんまに海沿いのローカル線と言うようなところを走ります。途中には青春18きっぷのポスターで有名な下灘駅があります。

横河原駅
伊予市から伊予鉄の郡中港駅に乗り換え、伊予鉄の完乗を目指します。伊予鉄の駅舎はなかなか味のある駅舎ばかりです。松山市、横河原、折り返して高浜、また折り返して松山市といった感じで郊外線を乗りつぶし、1dayチケットで市内線も乗りつぶしました。

坊ちゃん列車
伊予鉄の市内線は前回ほんの少しだけ乗ったのですが、結局今回全部乗ってしまい前回の貯金は全く意味なしです。市内線で面白いところは2箇所。まず専用軌道区間は住宅街の狭いところを爆音あげてぶっ飛ばさすところがなんともいえません。そして大手町駅。普通鉄道である郊外線の踏み切り上で軌道の市内線が平面に直角に交差しているというのが最近の時代なかなかおめにかかれません。

今回の旅の新規乗車区間

JR四国 予讃線 松山〜向井原 14.1km
JR四国 予讃線 向井原〜内子 23.5km
JR四国 内子線 内子〜新谷 5.3km
JR四国 予讃線 新谷〜伊予大洲 5.9km
JR四国 予讃線 伊予大洲〜向井原 41.0km

JR計 89.8km

伊予鉄道 郡中線 郡中港〜松山市 11.3km
伊予鉄道 横河原線 松山市〜横河原 13.2km
伊予鉄道 高浜線 松山市〜高浜 9.4km
伊予鉄道 城北線 平和通一丁目〜古町 2.7km
伊予鉄道 城南線 道後公園〜道後温泉 0.3km
伊予鉄道 城南線(大手町線側) 上一万〜平和通一丁目 0.1km
伊予鉄道 本町線 西堀端〜本町六丁目 1.5km
伊予鉄道 大手町線 古町〜松山駅前 0.8km
伊予鉄道 花園線 松山市駅前〜南堀端 0.4km

私鉄計 39.7km
posted by 北村義臣 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年11月09日

スルッとKANSAI1日目 男山と比叡山

♪むかしながらの山ざくら にほふところや志賀の里
都のあとは知らねども 逢坂山はそのままに♪

今日の私は

近畿日本鉄道が大好きな人です。

スルッとKANSAI3dayチケットを先日買ったものの使うタイミングをうかがっていたら1日目が今日になりました。今日は男山と比叡山のケーブルに乗るために使いました。

男山ケーブル
まず八幡市に向かい、男山ケーブルに乗車。これで

京阪電鉄完乗

石清水八幡宮は勝負の神さんとも言われておりまして、勝負をつよくするため参拝してきました。JRAの騎手も競馬場が近いこともあってよく参拝されるそうです。本日は七五三参りでにぎわっておりました。
京阪の車両には成田山のお札が付いているのですが、男山ケーブルだけはさすがに石清水八幡宮のお札でした。

京津線浜大津付近
八幡市から六地蔵、六地蔵からは京都地下鉄の未乗区間の御陵まで、御陵からは私の好きな京阪京津線で浜大津に向かいます。京津線は逢坂山の60‰以上の急勾配があったり、上栄町から浜大津まで国道上を走ったりする面白い路線です。昔は三条京阪から京都市内の車道の上を走っていたのですが、地下鉄に移行したため面白さが半減しました。

坂本ケーブル
石山坂本線で坂本に向かい、坂本ケーブルに乗りました。比叡山ケーブルは距離が日本一のケーブルカーです。ケーブルから見える琵琶湖はなかなかいいものでしたが、もう少し天気がよければといったところでしょうか?山頂では紅葉がはじまっていました。

比叡山頂から見る琵琶湖
比叡山からの下山はロープウェイとケーブルで八瀬方面へケーブルに乗ったことにより京福電鉄も完乗しました。

八瀬から叡山電車で岩倉へきららに乗りたかったのですが、時間が合わず残念です。叡山電鉄も完乗。岩倉から地下鉄の国際会館まで歩きます。国際会館から竹田に向かい京都市営地下鉄も完乗。

竹田から

日本一の営業キロ数を誇る近畿日本鉄道

京都線で一度京都に折り返し、伊勢志摩ライナーだったら特急料金払ってもいいがと思っていましたが、ボロ特急だったので急行で西大寺へ、西大寺からは奈良線に乗り、私が大好きな車窓のひとつである石切からの大阪平野の夜景を堪能しながら帰りました。

今回の旅の新規乗車区間
京阪電気鉄道 鋼索線 八幡市〜男山山上 0.4km(全区間)
京都市交通局 東西線 六地蔵〜御陵 8.7km(完乗)
比叡山鉄道 比叡山鉄道線(坂本ケーブル)
ケーブル坂本〜ケーブル延暦寺 2.0km(全区間)
京福電気鉄道 鋼索線(叡山ケーブル)
ケーブル比叡〜ケーブル八瀬 1.3km(全区間)
叡山電鉄 叡山本線 八瀬比叡山口〜宝ヶ池 1.8km(完乗)
京都市交通局 烏丸線 国際会館〜今出川 5.4km
京都市交通局 烏丸線 くいな橋〜竹田 0.7km(完乗)
近畿日本鉄道 京都線 京都〜大和西大寺 34.6km(全区間)

計54.9km(索道を除く)

近鉄に乗ったからある程度距離は伸びたものの・・・

これで京都府の残りは宮津線と丹後海陸交通(天橋立のケーブル)の2路線です。
posted by 北村義臣 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年11月03日

中之島線で大阪府完乗タイトル奪還 3000系最強!

♪はじまりは中之島
はじまりは中之島♪

今日、ミナミへ仕事に出ていまして、予定よりも早く終わったが、乗り鉄するにももう少しで日没コールドやしということで、中之島線に乗ってきました。

天満橋駅から中之島線のりばに。最初の区間急行を1本見送って、3000系の快速急行に乗車。

3000系は豪華でした。

3000系車内

内装は今までの京阪には無い高級感があり、かなり落ち着く空間でした。座席のクッションのやわらかさは丁度いいし、背もたれの転換クロスは223系・221系・313系他よりもかなり軽いです。

京阪3000系は最強の転換クロス車です。

近いうちにまた京阪に乗る予定ですが、3000系を狙い撃ちします。

京阪3000系

中之島駅というか中之島線すべての駅が新しいこともあってか高級感があります。大江戸線みたいな感じです。

中之島駅の地上は大阪国際会議場とリーガロイヤルホテルで開通前とそれほど変わった印象は無かったです。これからに期待しましょう。
行き止まりの駅のように思えますが、気候が良ければという条件付で環状線(福島)・JR東西線(新福島)・阪神電車(福島)と乗り換えることができます。

これで大阪府再び完乗。次に狙うのは愛媛県です。

今回の新規乗車区間
京阪電気鉄道 中之島線 天満橋〜中之島 3.0km

京阪電車は現在
90.7km/91.1km

あとわずか400mは男山ケーブル
posted by 北村義臣 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年10月17日

オバマ線転換式クロスシートの旅

♪あー誰にも故郷がある
故郷がある♪

『ふるさと』といえば富良野線と小浜線です。

前回の保守運休のリベンジということで、西日本1日乗り放題きっぷで小浜線に乗ってきました。
まずはやっぱり前回と同じ大阪9時15分発新快速敦賀行きに乗りました。桂川駅では開業記念式典をやっていました。このまま敦賀に行ってもいいんですけど、湖西線は前回も同じ時間に乗っているので、京都で乗り換えれば日中の山陰本線に乗れるので、京都で園部行き221系快速に乗り換えました。

223系も嫌いではありませんが、同じ転換式クロスシートでも221系の方が小旅行している気分が出るので好きです。園部までは嵯峨野線という愛称がついていますが、JR宝塚線の篠山口のように園部ではっきりと系統が分かれてしまいます。園部到着をもって

アーバンネットワーク完乗

大阪近郊区間完乗



です。

223系5500番台
園部で福知山行きに乗り換え、乗った車両はなんと

223系5500番台

223系のワンマン仕様です。ワンマン仕様の車両の中で私の知っている限りでは521系と並ぶ豪華な車両だと思います。
※直流ワンマンカーの中ではナンバーワン!

福知山で降りて昼食、まずはいったん、山陰本線の歯抜け状態をかいしょうしました。折り返し舞鶴線東舞鶴行きも223系5500番台!
今日は新車にツイています。
でも、山陰本線にしろ舞鶴線にしろ、まだしぶとく113系が残っています。おそらく淘汰されると思いますが。

小浜駅
東舞鶴から小浜線で敦賀までは125系。転換式クロスシートが好きな私にとってはうれしさはありますが、この車両、窓と座席の位置があっていない席があったり、両運転台トイレ付なので狭さも感じます。小浜線に乗ったことにより、京都府のJRは完乗しました。
小浜線は昨年の朝の連続テレビ小説ちりとてちんの舞台でした。ドラマの設定は1991年ということで小浜線が電化されていない時代なので、撮影のためわざわざキハ58を走らせたみたいです。でも、一部鉄道ファンからは1991年なのに

なぜ架線があえるんだ

というツッコミがあったみたいで。

敦賀からは16時23分発の湖西線回りの新快速に乗りました。
実はこの便は湖西線回りの新快速の

最終列車

だったりします。
先週と10年前に新疋田ループは通ったのですが、明るい時間に通るのは初めてなので結構楽しめました。


今回の旅の新規乗車区間
山陰本線 二条〜嵯峨嵐山 6.1km
山陰本線 馬堀〜福知山 70.4km
舞鶴線 綾部〜東舞鶴 26.4km(全区間)
小浜線 東舞鶴〜敦賀 84.3km(全区間)

計 187.2km

JR西日本が現在
2591.4km/4991.4km
やっと50%超えることができました。

いよいよ明後日、

大阪府完乗とは言えなくなります。
posted by 北村義臣 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年10月08日

運休で急遽ルート変更 越美北線

♪赤とんぼ赤とんぼの
羽をとったらあぶら虫♪

西日本1日乗り放題きっぷを使いました。計画では敦賀でソースかつ丼を食べて小浜線という内容でした。

乗り放題のきっぷだからできることは折り返し乗車です。尼崎に出て新快速で敦賀に向かいます。思惑通り大阪から座ることが出来ました。あいかわらず爆走してくれる223系、湖西線は琵琶湖線とちがい、何度乗っても飽きません。今日も琵琶湖を堪能しました。

敦賀に着くと衝撃の車内アナウンス、そうです。本日、小浜線はJR西日本名物

保守運休

ヨーロッパ軒の定休日ばっかり気になって肝心なことを調べるのを忘れていました。

敦賀にいる私にとってそこで選択肢は3つ
・再開を待つ
・越美北線
・えちぜん鉄道

えちぜん鉄道のフリーキップは土日限定、運転再開までの3時間どうやて時間を潰すか思いつかず、1日5往復の越美北線にグッドタイミングだったので越美北線に乗ることにしました。

福井までは521系、223系の交直版みたいな電車です。ここまで同業者私3名。
521系

福井で越美北線のキハ120、なかなかいい走りを見せてくれる気動車ですが、一部区間にはこれもJR西日本名物

25キロ制限

とかあったりします。九頭竜湖駅まで同業者1名。終点の九頭竜湖駅はかつては越美南線北濃駅と結ばれる予定でしたが、工事が断念されました。北濃駅と結ばれていたバスも2002年に廃止になっています。ちなみに越美南線は中途半端に郡上八幡まで乗車済みです。この駅は道の駅も併設されており、近くで恐竜の化石が発掘されたことから恐竜で町おこしをしています。
九頭竜湖駅

九頭竜湖から福井へ折り返し、今日の目当てだったソースかつ丼をヨーロッパ軒本店で食べました。
ソースかつ丼

福井からは683系に乗りたくなったので別料金で米原までしらさぎに乗車しました。福井から米原まで乗車券と特急券で2770円。越美北線は元々往復サンダーバードにしようと思っていたので、予定よりは安くつきました。大阪・京都までのサンダーバードの料金と時間比較してみてこれが妥当な選択のような気がします。米原が安いのはわかりきったことですが、大阪と京都って案外値段が違っていたのにはびっくりしました。えちぜん鉄道に乗りにくるときは片道は18きっぷ、もう一方は福井〜京都もしくは米原を特急というのが妥当な所でしょうか。

今月は、近江鉄道は次の18きっぷに回して、19日までに時間の都合が合えば西日本乗り放題きっぷで小浜線にリベンジしたいと思います。

今回の旅の新規乗車区間
JR西日本 北陸本線 敦賀〜福井 54.0km
JR西日本 越美北線 越前花堂〜九頭竜湖 52.5km(全区間)

合計 106.5km
posted by 北村義臣 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年09月13日

嵯峨野のトロッコ列車

♪東に立てる東山 西にそびゆる嵐山
かれとこれとの麓ゆく 水は加茂川桂川♪

京都嵯峨野のトロッコ列車に乗ってきました。

嵐山へは阪急で。転換クロスが大好きな私のお目当ての電車は9300系だったので少し早めに出て9300系の特急に乗りたいために2本見送って、9300系に乗ることができました。
でも、シートが硬いです。期待を裏切られました。6300系や223系、313系の方がずっといいです。

阪急嵐山から渡月橋を渡って嵐電嵐山へ1日乗車券を買って隣の嵐電嵯峨で降りて、トロッコ列車の乗り場のトロッコ嵯峨へ

嵯峨野のトロッコ列車

嵯峨野のトロッコ列車嵯峨野観光鉄道は山陰本線の高速・複線化に伴う架け替えにより残った保津川渓谷の旧線の部分を観光用として運行されています。

トロッコ列車でトンネルに入ると非常に涼しくて気持ちがいいです。特にトロッコ嵐山駅はホームが短いのでドアカットされるので、トロッコ亀岡寄りの車両がトンネルの中に突っ込んだ形で停車し、そこはなんともいえない涼しさを体験することができます。

トロッコ亀岡到着後、山陰本線で嵯峨嵐山まで折り返して、京福電車の帷子ノ辻までの未乗区間と北野線、京都地下鉄の三条京阪まで乗りつぶして、河原町界隈を散策した後、河原町駅から今度は6300系の特急で大阪に帰りました。

今回の新規乗車区間
嵯峨野観光鉄道 嵯峨野観光線 トロッコ嵯峨〜トロッコ亀岡 7.3km(全線)
京福電気鉄道 嵐山本線 嵐山〜帷子ノ辻 2.0km(完乗)
京福電気鉄道 北野線 帷子ノ辻〜北野白梅町 3.8km(全線)
京都市交通局 東西線 太秦天神川〜三条京阪 5.4km
私鉄計 18.5km

JR西日本 山陰本線 馬堀〜嵯峨嵐山 7.8km
posted by 北村義臣 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年09月03日

青春18きっぷ5日目 宗谷本線で最北の地へ

♪流氷融けて 春風吹いて
ハマナス咲いて カモメも啼いて♪

本日は朝6時の始発の宗谷本線で最北端の駅、稚内に行きました。
キハ54で5時間半のロングランです。座席は特急から転用したみたいな簡易リクライニングシート、90度のボックス席とは違ったのは良かったですが、足が伸ばせないのが少しキツかったです。

音威子府駅
そんなわけでエコノミー症候群になってもいけないので、いいタイミングで音威子府で20分停車。この便は同業者がかなり乗っていたようです。

稚内駅
北海道のスケールのでかさに感動しながら稚内駅に到着。ここまで来たからには最北の宗谷岬に行きたいところですが、雨です。当初はレンタカーを借りようと思っていたのですが、観光案内所の人に、宗谷岬へ行きながら16時半稚内空港初の関空行きに間に合う裏技を教えてもらいました。

宗谷岬
雨の中バスで宗谷岬へ向かいました。もう少し天気が良ければと思ったのですがこればかりはどうにもなりません。ずぶ濡れになりました。そして気温は


11度


ちなみに関西空港の気温は

27度

宗谷岬を見学した後はその裏技を強行、稚内駅に戻る道中のバス停で降りて空港まで本当に間に合うのか不安になりながら、EZナビウォークだけを頼りに雨の中20分以上歩くという最後の最後にちょっとした冒険をしました。

関空到着後は粉モンが恋しくなってぼてじゅうでモダン焼きを食べて、関空快速で帰宅。関空アクセスと青春18きっぷって結構相性が良かったりします。

北海道のスケールのデカさには感動し、次は流氷の季節に道東に行きたいです。さすがに青春18きっぷでは厳しいでしょう。

今回の旅の新規乗車区間
JR北海道 宗谷本線 旭川〜稚内 259.4km(全区間)

現在のJR北海道の乗車距離
569.1km/2499.8km
posted by 北村義臣 at 23:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年09月02日

青春18きっぷ4日目 北海道上陸

♪涙 止まらなくても
昔のようにしかって My Mother
涙 止まらないかも
わがままな娘でごめんね Mother♪

高校の修学旅行以来の北海道です。
北海道の本州とはちがうスケールに感動し、北海道にはまる人の気持ちがわかりました。

新千歳空港から上陸し、785系のエアポート快速(スーパーカムイ)で南千歳へ、そこで思ったのは北海道の駅の待合室はでかい。おそらくホーム上の冬の寒さは半端じゃないのでしょう。

キハ40
南千歳から石勝線キハ40で追分まで。今回の旅はキハ40にかなりお世話になりました。北海道の車両の特徴は普通列車でもデッキがある。室内温度を保つためだと思います。ただこのキハ40

冷房が無い

窓を開けると涼しい風が入ってくるのですが、トンネルに入ると気動車独特の臭いがします。室蘭本線、根室本線もキハ40で、北の国からでおなじみ富良野まで。

富良野線風景

富良野から富良野線、富良野線からの風景を想像していた通りの富良野だと感動し、モーニング娘。のふるさとのPVの美馬牛・美瑛を通過し宿泊場所の旭川へ、今でもふるさとのPV同様にキハ150でした。こちらのキハ150は冷房がありました。



旭川のホテルにチェックインした後、まだ明るかったので乗り鉄再開し、留萌本線に乗りました。留萌本線の終着駅は悩める男性に人気があり無人駅なのに入場券が売られている

増毛

留萌本線増毛駅
増毛から帰りの留萌本線で、駅スタンプを収集しているその筋の人に声をかけられ、話しているとその人の今日の寝床は

石狩沼田駅

いわゆる駅寝ということです。留萌本線の運転手さん、ここ民宿とかあったかな?と言って心配そうにされていました。

今回の旅の新規乗車区間
JR北海道 千歳線空港支線 新千歳空港〜南千歳 2.6km(全区間)
JR北海道 石勝線 南千歳〜追分 17.6km
JR北海道 室蘭本線 追分〜岩見沢 40.2km
JR北海道 函館本線 岩見沢〜滝川 42.9km
JR北海道 根室本線 滝川〜富良野 54.6km
JR北海道 富良野線 富良野〜旭川 54.8km(全区間)
JR北海道 函館本線 旭川〜深川 30.2km
JR北海道 留萌本線 深川〜増毛 66.8km(全区間)

合計 309.7km
posted by 北村義臣 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年08月14日

青春18きっぷ3日目 城崎温泉から餘部鉄橋へ

♪涙は星より重く
立ってるだけで精いっぱい♪

本日はこの夏行きたかった、餘部鉄橋に行ってきました。

まず、大阪駅の始発の福知山行き、宮原の223系と期待していたのですが、

113系

まあ座席は223系と変わらないから良しとして、福知山からの山陰は今週福知山支社に223系が入ったと聞いていたのですが、

115系

このあたりの113系も115系も近いうちに淘汰されるでしょう。
豊岡から先は

キハ47系

のオンパレード。さすが古いものを大切に使うJR西日本です。
今まで冗談で城崎温泉より西は山陰地方と言っていましたが、

豊岡より西は山陰地方です。


城崎温泉
浜坂行きでしたが、温泉に入りたかったので城崎温泉で降りました。

鉄道と温泉は旅の王道です。

餘部鉄橋
城崎温泉から浜坂までエーデル鳥取、急行だいせんを経たあまるべロマン号に乗りました。NHKドラマ「ふたりっこ」の舞台(天下茶屋だけではありません。)鎧駅を経て、さあ餘部鉄橋です。

夏の日本海は穏やかで入りたくなりましたが、途中下車すると次はいつくるかわからない路線です。ここは我慢して、浜坂で乗り換えて鳥取へ、鳥取では昼食にカニ寿司を食べました。

郡家駅
鳥取からは若桜鉄道に直通する便で終点若桜で折り返し郡家駅。

智頭急行1日乗車券
因美線で智頭、智頭で智頭急行の1日乗車券を買って上郡まで出ました。この1日乗車券なんと硬券と同じ紙質です。なかなかレアなものを手に入れました。温泉などの周辺施設の割引特典もあってお得なきっぷで、次の機会はゆっくりと智頭急行に乗りたいと思います。

上郡からは普通に大阪に戻ったわけですが、やってきたのは岡山支社のここも115系。313系ばかり乗ったJR東海との格差を感じてしまいます。

今回の旅の新規乗車区間
JR西日本 山陰本線 福知山〜鳥取 141.8km
JR西日本 因美線 鳥取〜智頭 31.9km
智頭急行 智頭急行線 智頭〜上郡(全区間) 56.1km
若桜鉄道 若桜線 郡家〜若桜(全区間) 19.2km

JR計 173.7km
私鉄計 75.3km
合計 249km
posted by 北村義臣 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年08月11日

特急サザンで墓参り

♪ホークスホークス
南海ホークス♪


お盆かお盆前に墓参りをしたいと思っていたので、午前中に仕事を切り上げて阪南市の母方の祖父母の墓参りに行ってきました。

最寄の塚本駅のホームに上がるとなんと、

多くの同業者の方

暑い中ご苦労様でございます。季節的に全国からやってくる甲子園臨がお目当てなのでしょうか?
最近はやっぱりデジタルが主流になっていますが、それでもネガフィルムにこだわる方もいらっしゃいました。

特急サザン
新今宮からは

特急サザンの指定席

に乗りました。前回の千葉県の旅行でグリーンに座ったため、こちらも座ってみたくなりました。

いつもだったら車で行くのですが、私以外の家族が行かないことと、ガソリン代の高騰で電車で行くことにしました。サザンの指定席代500円払ったとして自動車で行くよりも安くなるからです。

サザンの指定席の正直な感想を言うと

楽です。

ただもう少しきれいにして欲しいなと思います。そこがJR東日本のグリーン車との値段の差なのか?あとサザンには喫煙車も連結しています。以前の500系のぞみで懲りたにもかかわらず、喫煙車を選んでしまいました。

缶コーヒーとタバコで箱作から淡輪にかけての海岸を満喫しました。海水浴客がそこそこいて、天気が良かったので海の向こうには関空・淡路島のみならず、四国・鳴門大橋がはっきり見えました。
やっぱり私は海が好きなわけですが、ここと須磨に関しては電車から見ているのが楽しいのであって、日本海や白浜、グアムを泳いだ私にとっては

泳ぎたいとは思いません

みさき公園に着いてお墓参りをし、帰りは

特急(オールロングシート料金不要)

特急サザンの指定席の価値があらためてわかりました。
posted by 北村義臣 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年08月07日

青春18きっぷ2日目 飯田線・関西線完乗

♪ああ恋すれど胸はまたふるえて
うちあけらないいいだせない
飯田線のバラード♪

今日のスタートは宿のある篠ノ井線村井駅です。せっかくここまできたのだから中央線の三角形を攻略しようと思っていたら、丁度早朝に辰野経由岡谷行きというのがあったのでそれで岡谷に向かいました。車両は113系長野色、昨日に続き今日も大変お世話になります。
ちなみに鉄道好きの要が塩尻だったとしたら、ドライブ好きの要は岡谷といったところでしょうか?

昨日はみどり湖経由で乗ったので、これで中央線の未乗区間は立川・甲府間となりました。
113系長野色

さあここから今回の旅のメインイベントです。岡谷から飯田線飯田行き、こちらも113系長野色に乗りました。後の豊橋行きに乗ってもよかったのですが、さすがに休憩なし6時間乗りとおしは辛そうなので飯田で昼食兼ねて休憩を入れることにしました。飯田からは313系転換式クロスシートの車両。3時間以上のロングランとなりましたが全然疲れませんでした。

飯田線にはワンマン運転と車掌乗務の便があるのですが、車掌さんは大変です。駅に着くたびにホームに降りてキップを回収し車掌室にダッシュで戻るの繰り返しです。

飯田を経て天竜峡まではアルプスに囲まれた高原を走り乗客は登山客や地元の高校生がメインですが、天竜峡を過ぎると一変します。

天竜川
天竜川の渓谷を走り、駅はほとんどが秘境駅(その中に知る人ぞ知る小和田駅もあります。)、そして私の座席の周りの乗客はみなその筋の方ばかりでした。
小和田駅

佐久間あたりからは普通のローカル線となり豊橋駅に到着。豊橋駅での名鉄はまるで居候のようでした。

豊橋からはこちらも313系転換式クロスシートの新快速。乗り足りなかったわけではないのですが少し時間があったので、名古屋で降りて関西線に乗り換えました。関西線は昨日の身延線と同様の2両ボックスシート313系。大混雑でそれなら新快速の1本後のしなの大阪行きで新垂井回りをした方が良かったと少し後悔しました。2両編成で単線区間があるはでこれなら近鉄にシェアを奪われても仕方がありません。

亀山駅
そうこうしているうちに亀山駅に到着しここからJR西日本区間、キハ120がすごい音を立てて加太越えをして、柘植に向かいました。亀山から大阪駅に行くなら、加茂へ出るよりも柘植で乗り換える方が約20分早いです。
※距離は長くても素直に東海道で行く方が早いし、もちろん新幹線ならもっと早いわけですが

これで関西線も東海区間・西日本区間ともに完乗しました。

飯田線と関西線を完乗したことで愛知県のJR線すべて乗ることができました。
※他には大阪府(私鉄も完乗)、奈良県、滋賀県のJR全線完乗。
posted by 北村義臣 at 23:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年08月06日

青春18きっぷ1日目 静岡県から身延線で山梨、長野

♪ピーヒャラピーヒャラパッパパラパ
ピーヒャラピーヒャラ踊るポンポコリン
ピーヒャラピお腹がへったよ♪

7月はいろいろとあったため、夏の青春18きっぷこれからがスタートです。

JR東海の乗りつぶしをしたいため、一番奥の御殿場線は東京に行くついででもできるということを考え、その手前の身延線の乗りつぶしをしました。

まずは大阪から米原までは毎度おなじみ223系新快速、通勤ラッシュと夏休みの旅人でごったがえす混雑、米原から大垣までは久々に乗った311系4両編成は同業者を含む旅人だらけで座席を確保できず。大垣駅ではお馴染み旅人たち313系新快速浜松行きに乗るべく

大垣ダッシュ!

そんなに多分座れると思ったので、あまり急がなくても座席を確保できました。313系はいつも名古屋に行くときにお世話になっている車両で今回の旅ではかなりお世話になりそうです。座席を確保できた安心感と早起きをしたことから、車内で爆睡!気がつくと豊橋。浜松に着くとここからは悪名高き静岡県に突入。静岡まで

211系3両編成ロングシート

なんか乗っている人東京まで行ってしまいそうな旅人が多いです(同業者含む)。

静岡鉄道
乗り通すよりも適度に休憩を入れるのがいいと思うので静岡で降りて昼食、新静岡から新清水まで静岡鉄道に乗車。静岡ってどちらかというと東京の方に向いている町にもかかわらず、静岡鉄道はPitapa、ICOCAが使えてSuica、Pasmoが使えない。東海道線と平行した走り駅間距離が短いところは広電の西広島から宮島口に似ているが、静岡、清水でのJRとの接続はかなり歩かされます。

清水はといえばちびまるこちゃんと次郎長の町。そんな清水を実際に歩いて見ると悲しいことに

シャッター商店街

になっていました。

岳南鉄道
清水から吉原まで313系3両のロングシートで向かい、吉原からは岳南鉄道に乗車。工業地帯を走り貨物路線があり、色んな機関車に出会うことのできる路線です。

身延線313系
吉原からは富士に向かい本日のメインイベント身延線に乗車。313系で甲府までの88キロ(大阪・姫路間より少し長い距離)を富士川に沿って3時間かけて走ります。駅間距離も短くカーブも多いのでそれぐらい時間がかかってしまいます。明日の飯田線はこの倍あると思っておいた方がいいでしょう。

武田信玄
甲府に到着後少し休んで、中央線、篠ノ井線で明日に備え村井の健康ランドにくっついたホテルで宿泊、ワープをしない代わりに宿のグレードを上げました。風呂が充実していてなかなかいい宿です。
(人工温泉ですが)
posted by 北村義臣 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年08月02日

石山坂本線で京阪リーチ!

♪瀬田の長橋横に見て
ゆけば石山観世音
紫式部が筆のあと
のこすはこゝよ月の夜に♪

今日は大津京(まだ違和感があります)で住む商売仲間から招待されて遊びに行っています。

このあたりでの未乗路線は石山坂本線の京阪膳所・石山寺間でした。

新快速で石山に向かい、京阪に乗り換えて石山寺へ急カーブの連続で30キロ制限の区間もあります。
石山寺駅
石山寺駅には同業者の方がいらっしゃいました。

石山寺から目的地の皇子山に向かいました。浜大津まで古い住宅街の中を縫うように走ります。線路が白くなった冬にもう一度訪れたいです。

浜大津から併用軌道に入ります。浜大津の山科方面の分岐点は壮大でなかなか面白いです。車内からカメラを向けているその筋の方もいらっしゃいました。
浜大津駅

これであとは男山ケーブル京阪電車完乗にリーチとなりましたが、秋のスルッと関西フリーチケットで中之島線とのセットでの乗車になるかと思います。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。