2008年07月20日

東京メトロの虫喰い状態解消

♪あの娘可愛や カンカン娘
赤いブラウス サンダルはいて
誰を待つやら 銀座の街角
時計ながめて そわそわにやにや
これが銀座の カンカン娘♪

朝10時から仕事の関係で銀座に行かなければならず、少し早めに起きて虫食い状態にあった東京メトロを少しだけ乗りつぶしました。

まずは日比谷線は霞ヶ関から八丁堀です。南千住から霞ヶ関に向かい日比谷線完乗。

そして丸の内線は霞ヶ関から銀座に乗って残った区間が新宿から西(支線も含む)と大手町・池袋間です。

※東京メトロは6の字乗車してもよかったのでしょうか?
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年07月19日

ホリデーパスで千葉県訪問

♪We Love Love Love ラブマリーンズ
We Love Love Love ラブマリーンズ
王者はおごらず勝ち進む
千葉ロッテマリーンズ♪


日曜日丸1日東京での用事が入ったので前日の早めに東京入りして乗り鉄活動をしました。

まず飛行機で羽田空港に降りて、東京モノレールの券売機でホリデーパスを購入して天王洲アイルに向かい、りんかい線の後から開通した部分の東京テレレポート・大崎間を乗りつぶすことにしました。
ホリデーパスを買っても元が取れるかどうか心配でしたが、羽田空港から東京テレレポートまで目と鼻の先にもかかわらず

670円

これで元が取れることほぼ確定です。東京テレポートはフジテレビのお膝元で発車メロディーが

踊る大捜査線

のテーマ曲

大崎に向かい駅ナカで昼食、ICOCAが使えるので便利でした。その後のルートは千葉マリンスタジアムのファームの試合に行くことぐらいしかまだ決めていなかったのですが、それならホリデーパスの東限である成田線に向かうことにし、品川に向かいました。

品川からはエアポート成田に乗って関西に無い普通列車の

グリーン車

を体験してみました。このグリーン車を関西的に言うなら、京阪特急の2階建てがリクライニングするようなもの、と考えるなら関西ではうけません。料金不要のロングシート(一部ボックスシート)車両も多数連結されていることを考えると特急サザンの指定席のようなものでしょうか。
関東JRでは需要があるのかもしれませんが、現状の新快速にグリーン車を設置してもおそらく関空特快の指定席の2の舞になるでしょう。

E217系グリーン

羽田空港に降りたにもかかわらず成田空港に行ってしまった後は成田に折り返して我孫子へ。
まだ時間があるので馬橋で総武流山電鉄に乗車しました。
短い区間をマッタリと走るのも趣があっていいです。
総武流山電鉄

流山で折り返した後は幸谷で降りてすぐそこにあり新松戸から武蔵野線に乗り、南船橋、京葉線で蘇我折り返して海浜幕張へ

千葉マリンで2軍戦を見て二俣新町を通過して京葉線完乗!舞浜では多数の家族連れが乗車してきて、私は八丁堀で降りて宿にある南千住に向かいました。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年07月10日

大回り失敗 和歌山線の旅

♪てんてんてんまりてん手まり
はずんでおかごのやねの上
もしもし紀州のお殿様
あなたのおくにのみかん山
わたしにみさせてくださいな
くださいな♪

今日は和歌山線で大回りをしてみました。
おおさか東線が開通したおかげで大回りがしやすくなりました。

ゴールは塚本にしたかったので塚本から大阪に向かい大阪で塚本までの160円のキップを買って、紀州路快速にぼるつもりでしたが、携帯でえきから時刻表を見ると和歌山線の和歌山発が15時51分五條行きだったので高田からの便はないかと思い見てみたら15時28分にありましたので予定を変更して高田に向かうことにしました。

京橋に向かい学研都市線、放出からはおおさか東線に乗車、おおさか東線車内でふとあることに気づきました。

塚本に戻れない

天王寺に2回踏まないことがかり頭に行ってこのルートだと大阪駅もJR東西線も乗れないことになります。当初の予定通り先に和歌山に行ってからおおさか東線といったら北新地経由で同じ駅を2度通ることなく塚本に行けたのですが、急遽ゴールを西九条に変更しました。

久宝寺で高田行きの221系快速に乗車そして高田からは本日のメインの和歌山線の未乗車区間に乗ります。

北宇智駅スイッチバック

高田からは105系ロングシートで約2時間の乗車となりますがさほど苦にはなりませんでした。かつてスイッチバック駅だった北宇智駅、近鉄吉野線のあべの橋行きと同じホームで乗換ができて近鉄の駅名標がなぜかJR西日本使用の吉野口駅、橋本をすぎて南に見える高野山と色々と趣のある路線でした。

和歌山から紀州路快速で西九条に向かいます。日根野では連結作業があったのでついつい撮ってしまいました。

日根野駅連結作業

これで奈良県のJRは完乗し、アーバンネットワーク完乗にリーチです。和歌山県はJR完乗リーチで私鉄はあと1路線なので1日あれば全路線完乗できそうです。
posted by 北村義臣 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 乗り鉄しました

2008年06月23日

七夕伝説の地で大阪府完乗

♪ささの葉さらさらのきばにゆれる
お星さまきらきらきんぎん砂子♪

乗り鉄の予定ではなかったのですが、急用でで枚方に行くことがありました。その用が済んだときに京阪交野線に乗ってきました。

交野線沿線は七夕伝説の地です。天の川を挟んで、織姫を祀った神社と彦星を祀った神社があり、天の川に架かる橋のひとつに逢合橋というのがあります。

ならば七夕の日に行ってもいいのですが、毎年行われている「準急ひこぼし」が天の川を渡って「特急おりひめ」に会いに来るという演出は今年は行われないみたいです。
※「準急ひこぼし」は運行されるが、「特急おりひめ」の運行が無く代わりにヘッドマークで対応

京阪交野線私市駅

これにて大阪府の鉄道は完乗。また新たな旅の出発となります。※大阪府の鉄道は完乗は10月19日にタイトル失います。

おけいはんはあと男山ケーブルと石山坂本線の膳所から先なので今年の10月19日以降にタイトル防衛戦と称しておけいはんの乗りつぶしをやろうと思います。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年06月22日

宮島・瀬戸内海の旅

♪ああ日本のどこかに
私を待ってる人がいる♪


本日は宮島と、瀬戸内海の旅をしながら大阪に戻ってきました。

まず早朝に起きてもう少しだけ広電を乗りつぶしました。広電完乗というわけにはいきませんでしたが、残った3.2kmは白島線と本線の紙屋町付近なので、今度なんかで広島に行ったときにちょこっと乗りつぶせそうです。

宮島までは広電と松大汽船で向かいました。市内を走っている広電はトロかったのですが、西広島から鉄道線に入るとスピードが全然ちがいます。併走するJR山陽本線よりは遅いかもしれませんが、小さい故の加速度と車高が低い故のスピード感はJRとはまたちがった趣があります。

宮島の厳島神社を参拝した後は、JR西日本の宮島航路と山陽本線で帰りました。
宮島

広島からは呉線の瀬戸内マリンビューに乗車。キハ47を船のようにというか、スナックのように改造した車両で瀬戸内海を眺めながら走ります。
瀬戸内マリンビュー

呉線は瀬戸内海の海面のすぐ近くを走行します。だから瀬戸内マリンビューは船のような車両にした観光列車になっているわけですね。
瀬戸内海

三原からは新倉敷から西の山陽本線にまだ乗っていなかったことから
再び山陽本線に乗り尾道で途中下車をして尾道ラーメンを食べて岡山まで、岡山からはN700系のぞみで大阪に帰りました。

今回の旅行で、JR西日本の乗車距離がやっと2000kmを超えることができました。まだ倍以上残っているのですが、色々と厄介なところが多そうです。
posted by 北村義臣 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年06月21日

さよなら500系のぞみツアー

♪カープカープカープ広島
広島カープ♪


もうすぐのぞみとしての運用が無くなる500系に乗るため広島に行きました。これが最初で最後の500系のぞみになるのかもしれません。喫煙車両に乗ったわけですが、途中の新大阪かから乗ると喫煙者の私でもキツイものがあります。
乗り心地は300系に比べたらいいけれども、N700系には及びません。300km/h出しているという感触はありませんでした。
500系

広島到着後、山陽本線で瀬野に向かい、スカイレールサービスに乗ってきました。ニュータウンの山に乗るための乗り物ということは知っていたのですが、西宮名塩にある斜行エレベーターが有料になったようなものと思っていたのですが、全然違います。スカイレールはロープウェイの技術と懸垂式モノレールの技術をいいとこ取りして急斜面の山をなかなかのスピードで登っていきます。1.3kmで150円の運賃ですが、これだけ高い山を登るのだったら150円を払う価値は十分にあると思います。ただ、住民のほとんどの人はマイカーを持っているわけなのですが。
スカイレール

その後再び広島駅に向かい、可部線とアストラムラインを乗りつぶしました。アストラムラインはポートライナーなどの新交通システムとは違って、スピードがあるし急カーブや急勾配に強いところが魅力的です。

その後、実はさよなら広島市民球場ということで野球観戦を予定していたのですが、残念ながら

雨天中止

広電を少し乗りつぶしてから、広島焼きを食べました。
原爆ドーム
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年06月12日

160円で琵琶湖・甲賀・伊賀・大和路大回り

♪カラダを夏にシテ
カゲキに さあ行こう♪
※夏目前ということと、滋賀県の野洲出身ということで
忍者ハットリくんの歌は別の路線においておきます。


大阪近郊区間大回りをしてきました。

ルートは塚本→大阪→近江塩津→草津→柘植→加茂→新今宮→福島
距離にして340.9キロ通常のJRの計算では5780円となるところですが

160円

の旅行です。

ただしいろんな縛りがあります。
1.大阪近郊区間から出てはいけない
2.同じ駅を2度通ってはいけない
3.途中下車できない

というルールです。こんな遊びは鉄道に乗ることが趣味の人以外にはおすすめできません。

琵琶湖まず大阪駅で敦賀行きの新快速に乗車。大阪京都間の混雑は相変わらずです。京都から座れたもののまだ混雑は続き、堅田あたりからマッタリできるようになりました。湖西線は琵琶湖線とはちがい、ずっと琵琶湖を見ることができます。日本で数少ない水平線の見える湖を眺めながら走るのは何回乗っても飽きません。


琵琶湖が見えなくなり、永原過ぎるとかつては近畿地方と北陸地方の境界、そして普通列車の本数の少なくて大回りや18キップの難所、北陸地方に入ったということを車内の照明が消えておしえてくれたのですが、

照明が消えません

余呉湖そうこうしているうちに近江塩津に到着。近江塩津で琵琶湖線直通の北陸線の新快速に乗換ました。同じホームでの乗換で接続も良く、直流化で本当に便利になりました。ここから米原までは新規乗車区間です。近畿地方豪雪地帯である余呉湖から長浜、米原を経て、草津に向かいました。米原からの琵琶湖線はもう何回も乗っているし、景色もインパクトが無いので飽きました。


草津から加茂までのうちの伊賀上野なで新規乗車区間です。草津からは113系のリニューアル編成に乗りました。座席は223系と同じものなのですが、やっぱり113系でモハだからかなり揺れます。甲賀の里を経て、柘植に到着です。これで滋賀県のJR線は完乗しました。

関西線柘植からは関西線でここから加茂までは気動車での旅になります。気動車の音はなかなかいいものですが、シートが硬くて今ひとつでした。伊賀上野・加茂間は15年前にも乗ったことがあるのですが、木津川の景色は15年前と変わっていません。

木津川

加茂からは大和路快速で新今宮に向かい、緩急接続で新今宮から環状線で福島に到着、340.9キロ160円の旅が終わりました
posted by 北村義臣 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年06月01日

日生線で能勢電完乗と桜谷軽便鉄道

♪ニッセイのおばちゃん自転車で、笑顔を運ぶふるさとよ♪

今日は中途半端に残っていた能勢電の日生線の乗りつぶしと桜谷軽便鉄道を見てきました。

日生中央は阪急と日本生命が開発した日生ニュータウンの入り口となる駅です。普通のニュータウン駅です。川西能勢口から日生中央まで行く便と妙見口へ行く便があるのですが、妙見口行きに乗った場合、山下で山下からの日生中央行きに連絡しているのですが、おもしろい走り方をします。

まず日生中央から来た、山下発の日生中央行きは2号線に入線、妙見口行きから乗り換える乗客を乗せてから、川西能勢口の方へ少しだけ進みます。そこでスイッチバックをして山下駅の1号線に入ってから日生中央に向かいます。

こんな進み方をするわけですから、撮り鉄の方もいましたし、ビデオカメラでの録り鉄の方もいらっしゃいました。

能勢電の車両はそのまま阪急、何ですが、100周年と言うことで、旧塗装を復活させていました。
能勢電

日生中央駅行くだけでは面白くないので、妙見口まで向かい、桜谷軽便鉄道を見てきました。桜谷軽便鉄道は、趣味で鉄道を敷いている人のところで毎月第一日曜に運転会が行われています。これぞ最強の電車ごっこです。
桜谷軽便鉄道
posted by 北村義臣 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年05月17日

大阪府にリーチ!おおさか東線・道明寺線

♪シングルベッドで夢とお前抱いてた頃♪

先週は体調不良で、関東での乗り鉄を断念したため、うっぷんを晴らすべく夕方からプチ乗り鉄しました。

まずは尼崎から、乗りたかったお目当ての便、直通快速に乗りました。先頭車に乗ったわけですが、乗っている人は同業者ばかりでした。223系のクロスシートでJR東西線の地下区間を走るのは違和感ありまくりです。
直通快速

おおさか東線区間に入ると車窓はいかにも東大阪市という風景でした。久宝寺に着くと後から入ってきた大和路快速が先に出るといったダイヤで着席ぐらいすか存在価値が出てこない感じでした。
おおさか東線は新大阪までの全線開業してからやっと本当の価値が出てくるのかもしれません。

久宝寺から柏原まで各駅停車で向かい柏原から道明寺線に乗りました。大和川の河川敷で遊んだことはありましたが、そこの鉄橋を渡る道明寺線に乗るのは初めてです。ちなみに道明寺線の柏原南口と大阪線の安堂は歩ける距離です。
柏原駅

本当は御所まで行ってみたかったのですが、日が暮れてきたので阿部野橋に帰ることにしました。これで大阪府完乗にリーチです。

奈良県はまだ結構距離が残っていますが、来年の春のさくらの季節に完乗したいと思っています。
さくらライナー
posted by 北村義臣 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年05月06日

大阪市営地下鉄完乗

♪鏡の中今もふるえてる
あの日の私がいる
夢見る少女じゃいられない♪

この連休中マイミクさんから鶴見緑地でフリーマーケットやっています。
と聞いて鶴見緑地に行ってきました。

フリーマーケットで買った後、私が中学生時代花博のパビリオンのひとつで入ってみたかった命の塔に登ってみました。

支柱が邪魔で景色が楽しめません。200円返せとまでは言いませんが、その当時に何時間も並ばずに見なくて良かったと思いました。まだアクティー大阪27階の方がずっといいです。
命の塔

その後、あと1駅だけ残した長堀鶴見緑地線を乗るべく、門真南に行き鶴見花ぽーとブロッサムのアウトレットを見てきました。今回はいいものが見つからず残念です。私の足は変な形をしていて気に入ったデザインのシューズがあっても、横や高さが合わないものが非常に多くて困っています。
鶴見はなぽーとブロッサム

これで大阪市営地下鉄はリーチとなり最後の今里筋線で井高野に向かい、これで大阪市営地下鉄(ニュートラム含む)完乗となりました。
井高野から大阪市営バス屈指の長距離路線で自宅に戻りました。
私はバス乗りつぶしには興味はありませんが、実はバス乗りつぶしという趣味は鉄道乗りつぶしよりも奥が深かったりします。
井高野駅
posted by 北村義臣 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年05月01日

スルッとKANSAI 3日目 兵庫県南部乗りつぶし

♪神戸泣いてどうなるのか♪

今回の旅の目的は兵庫県南部の盲腸線めぐりとスカイマークスタジアムでの野球観戦ででした。

まず、自宅から最も近い武庫川線です。起点になる武庫川駅の阪神本線のホームは川の上にあります。友人が言うには風がまともあたり、雨は必ずしも90度真上から降ってくるとは限らないので、強風で雨だとまともに雨がかかることもあります。

武庫川線は武庫川の西宮東鳴尾・洲崎という無人駅がなかなかいい味を出していました。自宅からこんな近いところにローカル線を味わえるところがあったとは思いませんでした。ただ終点の武庫川団地前はただの住宅地の入り口の駅という感じでした。まあ読んで字のごとくなのですが。これで阪神電鉄は完乗しました。
武庫川線

三宮で地下鉄海岸線に乗り換えて和田岬へ。朝と夕方しか来ない和田岬線に乗りました。海岸線では和田岬駅で乗り換え案内はやっていません。
和田岬線


兵庫から神戸、神戸から高速神戸に向かい山陽の直通特急に乗りました。須磨から明石までの間は山陽では初めてですが、JRで何度も乗っていますが、海を見ながら明石海峡大橋をくぐるのが何度乗っても飽きません。飾磨で乗り換えて山陽網干で往復そして山陽姫路で山陽電鉄を完乗しました。

姫路では菓子博というのをやっていて内容次第では後の予定を変更してもいいかなと思ったのですが入場料が2000円ということでそこまで払って見たいとは思わなかったので、予定通りJRで粟生に向かうことにしました。昼食は姫路駅構内の有名な駅そばがあるということでそれにしてみましたが、私にとっては可もなく不可もなくといった感じで期待はずれでした。

粟生までの加古川線は以前乗ったときは気動車でしたが、電化されて新型車両が導入されていますが、これはあくまでも一部でありそれ以外はJR西日本名物である103系です。
加古川線

粟生から北条町まで北条鉄道で往復しました。前線が切符を買うのではなく運賃箱にお金を入れるという珍しいシステムです。
北条鉄道

粟生から鈴蘭台まで神戸電鉄粟生線に乗りました。神戸電鉄はニュータウン鉄道というイメージがあったのですが車窓を見ているとローカル私鉄いった感じです。内装はいかにも阪急といった感じでした。三田線は試合時間に間に合わなくなるため今回は回避して谷上から北神急行、地下鉄山手線で三宮に向かいました。三宮着いた時点では少し余裕があったのでもう一度海岸線に乗って新長田に向かいこれで神戸市営地下鉄も完乗しました。

スカイマークスタジアムで同業者の人と合流し帰りは板宿、新開地乗換えで阪急で大阪に向かいました。乗った車両は9300系液晶モニターやロングシートの間に仕切りがあったりしていますが、ふかふかクッションのシートで木目調の壁とそのあたりは阪急にもプライドがあるのか、走ルンですにはならなかったようです。

今回で完乗したのが、阪神、山陽、北条鉄道、北神急行、神戸市営地下鉄の5社局、線別では、武庫川線、和田岬線、山陽電鉄本線、網干線、北条鉄道線、粟生線、北神急行線、山手線、海岸線の9線となりました。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年04月23日

スルッとKANSAI2日目 高野山・高安山

結構乗りつぶしました。
自宅→鶴橋→河内山本
河内山本→信貴山口(近鉄信貴線)
信貴山口→高安山(西信貴ケーブル)

高安山→河内山本→鶴橋→近鉄難波→難波

難波→極楽橋(南海高野線)
極楽橋→高野山(高野山ケーブル)

高野山→極楽橋→中百舌鳥

中百舌鳥→和泉中央(泉北高速)

和泉中央→中百舌鳥→淀屋橋→門真市

門真市→万博記念公園→彩都西→千里中央→大阪空港→蛍池(大阪モノレール)

蛍池→自宅

今日最大の目的は高野山です。11時にどうしても乗りたい車両があったのでその前に、西信貴ケーブルに向かいました。服部川駅およびケーブル車内、そして高安山から眺める河内平野の景色が良かったです。晴れすぎて少しかすんでいたのかもしれません。乗り鉄は基本的に昼にしたいのですが、今度は夜に訪れてみたいと思いました。

また、高安山で運賃表見てびっくりしました。近鉄難波まで880円。
近鉄難波に着くだけで、今日の分の5000円の1日分約1700円の元が取れてしまいました。やっぱりケーブルって高いですね。
西信貴ケーブル

本日最大の目的はこれ。平日1便しかない、極楽橋まで直通する2300系です。座席はほぼすべてが転換式クロスシートなので、少々の長距離乗っても疲れません。いい席を取ろうと乗車位置に並んだのですが、もうすでに1人並んでいました。その人はもしかして?と思い、扉が開くとかぶりつきを確保。

やっぱり同業者の方でした。

高野線は橋本を境に性格がまるっきし変わってしまいます。橋本から先は乗り入れできる車両も限られる山岳路線、しかもほぼすべての駅が秘境駅といった感じです。

南海2300系

高野山は密教の聖地。無数の寺院があります。せっかくここまで来たので、日本史の時間に習った、金剛峯寺を見てきました。高野山は大手小売店や外食産業に毒されていない、例えば赤地に黄色で「M」と書いていたり、青地に白色のボトルが書いているような店が無い、すばらしいところです。
よく考えてみると平安時代の技術であんな山の上に寺を建てたり、大正時代から昭和時代の技術で鉄道やケーブルを開通させたりと、先人たちの偉大さを感じることができました。
金剛峯寺

高野山からの帰りはひたすら乗りつぶしをしました。なるべく運賃の高そうなところを選んで泉北高速、大阪モノレールに乗りました。
泉北高速

これで南海全線完乗し、ついでに泉北高速、大阪モノレールも完乗です。

でも昼食を食べたのが19時なんですね。
posted by 北村義臣 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年04月09日

加太線・多奈川線・高師浜線・汐見橋線

南海の支線も乗りつぶしてきました。

南海各支線

加太線は海水浴・サーフィンに向かう路線なのですが、加太駅は海にある駅と思っていたら実は山の中にありました。

加太線から和泉山脈を挟んで反対側の多奈川線は軍需工場への通勤の足として開業し、かつては深日港駅で淡路島行きのフェリーに連絡していました。

高師浜線は宅地開発とあと今の街からは想像できないが、海水浴客輸送のための路線だったみたいです。

最後は汐見橋線。汐見橋線と書きましたが正しくは高野線です。こちらもいまの実体とはあっていませんが、歴史的経緯によるもので、南海本線と高野線は別会社で高野線は高野山参詣客輸送の路線でした。

汐見橋駅は実は大阪ドームの最寄り駅です。汐見橋駅で降りて、大正まで歩き、大正からドーム前千代崎が未乗車だったので乗りました。
長堀鶴見緑地線はあと鶴見緑地と門真南だけ残っています。 
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

わかやま電鉄・たま駅長・いちご電車・おもちゃ電車

今回の旅の最大の目的はわかやま電鉄です。

ここはスルッとKANSAI 3dayチケットが使えない路線なので1日乗車券を買うことにしました。1路線のみの会社の1日乗車券は起点から終点までも往復の通常料金よりも気持ち安いというのが相場と思っていまして、
和歌山・貴志の片道が360円、1日乗車券が650円、まさに相場通りです。

わかやま電鉄は元々は南海貴志川線でした。廃止を検討されましたが、岡山電気軌道の子会社となり再出発した会社です。わかやま電鉄・地元企業・住民でわが町の鉄道支えているところに非常に感動しています。

使用している電車は元南海の2ドアロングシート2270系ですが、行きに乗った電車はいちご電車、地元の名産であるいちごをイメージした外装・内装がいままでの電車にはない工夫がされています。

帰りに乗ったのはおもちゃ電車、こちらも内装・外装が工夫されているのみならず、車内にガチャガチャがあったりします。おもちゃ電車は地元のおもちゃ通販会社のサポートで改造されました。

和歌山電鉄

そして終点貴志駅で待っているのは、三毛猫のタマ駅長。
駅横の小山商店さんの飼い猫のタマが招き猫になってほしいということで駅長に任命されました。マスコミに紹介されると貴志駅に訪れる人(私もその一人です。)が殺到し人気者になりました。

たま駅長

今までにない様々な工夫をしているわかやま電鉄の今後の益々の発展を期待しています。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

紀勢線にちょっとだけ乗車

紀勢線といえば、大阪から見ると天王寺から和歌山までが阪和線で和歌山から紀勢線になるのですが、実は和歌山市駅から和歌山駅まで結ぶ路線も紀勢線です。なぜ紀勢線かというと歴史的な経緯によるものらしいですが、名前と実態は全然一致しません。きのくに線という愛称が和歌山・新宮間につけられていて、この線が含まれないことも現在においては実態にあっていないことなのかなと思います。

(同じ105系の車両前後で顔が違います)
紀勢線

なんか車両といい、運用といい、JR和歌山線の支線的な性格が強い感じがします。

この紀勢線乗ったのはちょっとだけの距離ですが、このような機会に乗らないと今後乗らないか可能性が非常に強いので、乗りました。

ちなみに、和歌山市民においては和歌山駅と和歌山市駅(市駅と地元では呼ばれています)の移動は和歌山バスを使うのがデフォルトといった感じです。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

南海本線・和歌山港線乗りつぶし

祖父のお墓の関係でみさき公園までは行ったことがあるのですが、そこから先には行ったことがありません。

今日は朝一番の和歌山港行きで和歌山港まで行きました。

正直な感想

この線が面白くなるのは泉佐野から南です。

田園地帯あり、そして海に出たと思えば、和泉山脈の山越え、そして山の上から和歌山市を一望できると、紀ノ川を渡り、和歌山市の市街地である和歌山市駅、そこから和歌山港線になり、景色は港町へと変わります。

和歌山港はからは徳島行きフェリーが出ていて南海のダイヤはそのフェリーと連絡するようになっているので、このフェリーは実質的には鉄道連絡線として機能しています。

和歌山港

和歌山港駅から先はかつて1日2往復しか運行されない水軒駅がありました。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年03月30日

上町線で阪堺電車完乗

午前中は北加賀屋に届け物があり、午後からは長田に行く用があり、中途半端な空き時間ができたため、上町線に乗ってきました。

.

北加賀屋から住吉川沿いに歩けばいいやと思っていたら、30分ぐらい歩きました。運動不足解消と桜並木が目を楽しませてくれたのが良かったです。

住吉公園から天王寺駅前まで併用軌道ゆっくり行く路線で、楽しませてくれました。路面電車は信号を止まりながら、街に溶け込んで路面電車ならではの趣があっていいものです。

乗っていると車内放送で帝塚山商事という不動産屋の宣伝が何度かあったのが印象に残っています。

一昨年に阪堺線の浜寺駅前まで乗ったので阪堺電車を完乗したことになります。

おまけ

20080330_2.jpg

今里筋を緑橋までだけ乗りました。そうすることにより今後少し楽になります。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年03月25日

青春18きっぷ3日目 養老線と琵琶湖花火

るんるん父やしなひし養老の 瀧は今なほ大垣を
三里へだてて流れたり 孝子の名誉ともろともにるんるん

今日の私は

近畿日本鉄道が大好きな人です

琵琶湖の畔のマンションに住む、アフィリエイトの同業者に誘われ、その人のマンションにお邪魔して琵琶湖花火大会を見ました。

でも、その前に、青春18きっぷがあるから少しだけ足を伸ばして、未乗区間を乗りつぶすことにしました。JR東海は全線乗り終えましたが、そのエリア内の私鉄を乗るときもアプローチの手段として青春18きっぷは非常に役に立ちます。大阪から大垣までの片道だけで1日分の元が取れるからです。

塚本→大阪 JR神戸線普通 321系
大阪→米原 JR京都線・琵琶湖線新快速 223系


新快速は朝のラッシュに加えて、東へ向かう18きっぷの旅人多く乗っていたので、かなり混みました。

米原→大垣 東海道線 373系

米原・大垣間のみ走る列車はバリエーション豊富です。ムーンライトながらの定期便が亡き今でも、この運用があったんですね。料金不要で特急用車両に乗れる乗り得列車かもしれませんが、座席が回転クロスのリクライニング式でかつ3両しかつないでいなかったので、乗客が多いと少しきびしいものがあります。 

大垣→揖斐→大垣→養老→桑名 養老鉄道養老線 600系

養老鉄道600系.jpg

ここは以前は近鉄養老線でしたが、近鉄が切り離して第三セクターに移管されました。でも、近鉄が株主でもあり、第三種鉄道事業者なので、線路設備などは近鉄のものです。車両のことも含めて、乗っていると近鉄のローカル線を走っているような気分です。

養老線フリーキップを買って乗りつぶし、途中の養老駅で降りてみました。養老の滝まで行く時間は無さそうなのだし、しかも蒸し暑い中で山登りもきついので、名物の養老山麓サイダーだけ買って飲みました。味はあっさりしていて、水がかなりやわらかかったです。

養老山麓サイダー.jpg


桑名→近鉄名古屋 近鉄名古屋線急行 1810系

三岐鉄道まで乗りつぶす時間は無く、次の快速みえを待つと新幹線でワープをしなければ集合時間に間に合いそうも無いので、近鉄でワープします。乗ったことの無い区間で乗りつぶしはできましたが、風景は関西本線とほとんど変わり無いです。木曽川、長良川、揖斐川を渡るところは川のスケールの大きさに圧倒されます。

名古屋→大垣 東海道線快速 313系

本当に、313系にはいつもお世話になっています。

大垣→米原 東海道線 117系

117系に乗ると懐かしい気持ちになります。

米原→山科 琵琶湖線新快速 223系
山科→大津京 湖西線 223系


新山口同様にいまだに違和感がある(でもなぜか鹿児島中央には違和感が無い)、大津京駅近くのマンションから花火を見せていただきました。

琵琶湖花火.jpg

大津京→山科 113系
山科→高槻 223系
高槻→塚本 321系

夜が遅いから、大阪駅が別ホームになるので高槻か新大阪で乗り換えた方がいいのと、同行した人が摂津富田で降りるので、このような乗り方です。

0時過ぎましたが、塚本駅は電車特定区間なので18きっぷセーフです。

今回の新規乗車区間
養老鉄道 養老線 揖斐〜桑名 57.5km
近畿日本鉄道 名古屋線 桑名〜近鉄名古屋 23.7km

計81.2km
posted by 北村義臣 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

2008年03月23日

武豊線完乗

ながらで大阪に戻る道中で大府で一度下車

武豊線に乗って武豊駅に向かいました。

20080323_1.jpg

武豊線の車両はキハ75形。気動車ですが転換式クロスシートで乗り心地良し。快速みえでも使われている車両です。

20080323_3.jpg

この路線は東京・大阪間の鉄道を敷設するにあたり武豊港から建築資材を運搬するために敷かれた路線です。

武豊港駅があったところにはこのように
転車台が置かれております。

.

武豊駅と名鉄武豊駅は近いのですが、名鉄にも乗ってみようかなと思ったのですが、経路が複雑なこともあるので、美濃赤坂を目指すことを優先させるため、次の機会にします。



無料のアンドロイド アプリ
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

ムーンライトながら初体験で東海道線完乗?

ムーンライトながらを初体験してみました。

.大阪から名古屋へ行くのに東海道線は何度か使いましたが、東京から乗り通すのは今回が初めてとなります。

でも、実は一度大府でながらから降りました。
武豊線に乗るためです。
※その記事はまた別に書きます。

再び大府に戻って大垣へ
そこから、美濃赤坂に向かいました。

美濃赤坂で折り返し、大垣ではその電車は米原行きとなりました。
大垣→美濃赤坂→大垣→米原と乗った人は私含めて3人
多分、同業者だと思います。

これで東海道線は完乗したことになるのかなと思ったら、
よく考えると、新垂井回りが残っていました。
posted by 北村義臣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り鉄しました

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。